鉄ノ意志ヲ継グ。

塔は未来に向かって伸びる。
かつて、人々を情報でつなぐ
集約電波鉄塔として、
戦災から立ち上がる復興の象徴として、
栄の街に建った名古屋テレビ塔。
多くの苦難を乗り越え、
その存在を実現したのは、
塔博士「内藤多仲」による、
揺るがず、たゆまぬ、耐震構造。
人々の暮らしを豊かにし、
希望を支えてきた、強き鉄骨。
その意志をつなぎ、さらに未来へ。

名古屋テレビ塔、鉄塔物販処「多仲」。
この店に並ぶ品、そのひとつひとつから、
この地域への愛着と誇りを、
市民に、世界に発信したい。
より良き未来を叶えていく、
その意志を曲げることなく。
今日も、塔は空へと伸びる。

鉄塔物販処 多仲

名古屋テレビ塔3階。
想い出と、名古屋への愛を育む、
テレビ塔初のお土産どころです。

多仲の商品

  • 名古屋テレビ塔キャラクター
    ウエミーヤ
    テレビ塔を見上げすぎて、
    上しか見られなくなってしまったウエミーヤ。
    考え方も、いつも上向き。
    そのポジティブな姿勢を、
    グッズを通してお届けしたい。
    文房具からお菓子、ぬいぐるみまで、
    いろんなウエミーヤが待っています。

    名古屋テレビ塔キャラクターウエミーヤ
  • 名古屋テレビ塔 1954年の開業以来、
    栄の街に建ち続ける名古屋テレビ塔。
    電波塔としての役目は終えても、
    ずっと、栄の、名古屋の象徴であり続けてほしい。
    空にぴんと建つその姿を、お土産にしました。

    名古屋テレビ塔

多仲の由来

「塔博士」「耐震構造の父」内藤多仲[ないとう たちゅう] 「塔博士」「耐震構造の父」内藤多仲[ないとう たちゅう]
「塔博士」「耐震構造の父」 内藤 多仲 ないとう たちゅう
山梨県出身。
明治43年 東大工学部卒業。
大正2年から昭和31年まで
早稲田大学教授をつとめる。
大正6年からの1年間、
アメリカに留学し、設計を学習。
旅行用のトランクをヒントに「耐震構造」を発想。
耐震建築構造の設計方式を確立し、
地震工学の世界的権威といわれる。
東京タワー、名古屋テレビ塔、通天閣など、
生涯に手掛けた鉄塔は69基。
また、歌舞伎座、
旧日本興業銀行ビルなどを設計した。
それらのビルは関東大震災にあっても、
ほとんど被害がなく、
耐震構造理論の正しさを実証した。
内藤多仲が構造設計した主なタワー
■ 名古屋テレビ塔(日本初の集約電波鉄塔)
■ 通天閣
■ 別府テレビ塔
■ 札幌テレビ塔
■ 東京タワー(当時世界一高い自立式鉄塔)
■ 博多タワー

アクセス

〒460-0003 名古屋市中区錦三丁目6-15先
名古屋テレビ塔3F
《市営地下鉄をご利用の方》
◎名古屋市営地下鉄 東山線・名城線「栄」駅下車
3番出口または4番出口上がって徒歩3分
◎名古屋市営地下鉄 桜通線・名城線「久屋大通」駅下車
南改札・4B出口上がってすぐ
※地下街で迷われた際には、
一度地上に出て頂くとすぐにお分かりいただけます。
《市営バスをご利用の方》
◎名古屋市バス「栄」行き路線「栄」下車すぐ ◎なごや観光ルートバス"メーグル"にて
「名古屋テレビ塔」下車すぐ

お問い合わせ